Top > ビタミンC誘導体配合 > ビタミンC誘導体配合の化粧水の本当のこと

ビタミンC誘導体配合の化粧水の本当のこと

水をわざわざ買ったのに、成分表をみて「水道水」と書かれていたときの衝撃ったらないですよね。こんなことなら家からペットボトルに、水道の水を入れてきたのにって感じがします。だってどうせなら、どこそこの山の美味しい水を買いたいですからね。といっても、水道水と山の水の味の違いはあまり分からないですけどね。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水についてもっと詳しく

 

ビタミンC誘導体が入った化粧水って、ビタミンCなのかそうじゃないのかよく分かりませんよね。ビタミンCが入っていたら、直接そう書くだろうし、やっぱり別物なのかなと考えてしまいます。カロリーゼロと言いながら、本当はゼロじゃないけど、何%以下はゼロって名乗れるから名乗ってますみたいな。ただ、ビタミンCってそのまま入れちゃうと化粧水として使うのは難しいみたいですね。だからビタミンC誘導体で助けてあげるみたいです。だったら、最初からそう言ってくれれば疑ったりもしなくて済んだのにね。でも、こうやって調べたことで、別に怪しい代物ではないということが分かってよかったです。世の中には怪しいと思っている人もたくさんいると思います。そこの誤解を解いてあげると、ビタミンC誘導体ブームが起こったりするかもしれないですよね。

ビタミンC誘導体配合

関連エントリー
ビタミンC誘導体配合の化粧水の本当のこと